京都・大阪・枚方・京田辺・宇治・八幡・その周辺での外壁・屋根塗装、塗替えは京大塗装工芸にご相談ください。

弊社名の由来〜京都と大阪の真ん中で〜

弊社の所在地 京都府八幡市は京都府の端に位地して、すぐ隣は大阪府枚方市です。

滋賀県から出てきた当時の先代 (齊藤金蔵) は、
八幡市が京都と大阪の中間に位置しているということで 『京大塗装工芸と名付けました。

京都は歴史と伝統を重んじる土地柄。丁寧な仕事が評価されます。

かたや大阪と言えば商人の町。お値段に厳しい土地柄です。

この性質の違う2つの土地において勝負できるよう
弊社は「高い技術」をもって「良いもの」を「お値打ちの価格」
にて 提供できるよう 努力を積み重ねてきました。

私共は、「京都」と「大阪」の2大都市から一文字づつ頂戴した
この「大きな社名」に恥じない『人に誇れる良い塗装』
日々、提供し続けています。

大阪のお値打ち価格と
京都の丁寧な仕事
一級塗装技能士・二級建築施工管理技士の店 有限会社京大塗装工芸

京大塗装ってどんなところ?

『良い外壁塗装』とは、「下地処理」から「仕上げ」まで
『適切な材料』を用いて『適正な工法』で施工する事・・・。

弊社では、加えて お客様のニーズ ・ 周囲の状況への配慮・ 
天候の変化・ その他、あらゆるリスクを考慮して安全に施工
する事が
本当の意味での 『良い外壁塗装』の条件であると
 考えていす。

続きはこちら

最新施工事例

京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良 の施工例から最新事例をご紹介!

ここでは「施工ガイド」に掲載させて頂いた物件の中で、最新施工事例をご紹介します。
「施工ガイド」には過去の施工物件の様子をご紹介していますので、是非ご覧ください。

尚、最新の事例では「美しくて当たり前!」です。
弊ホームページでは 施工から 5年以上経過した物件だけをご紹介する「施工後写真集」を公開しています。 
大切なのは 塗り替え塗装をした後です・・・。
果たして 塗り替えをした外壁は、屋根は、どうなっているのか?・・・
気になるお客様はぜひご覧ください。

最新情報

  • 久しぶりの投稿です。
    3月5日の投稿以来、随分 間が空いてしまいました。

    日々の仕事の段取り・現場の下見 ・見積り・打ち合わせ・たまの現場仕事・社内で私にしか出来ない看板仕事・・・。

    バタバタとした日々が続いて なかなか落ち着いてブログの更新が出来ません。
    ・・・とは言っても、この程度の内容なら すぐ書けるのですが・・・。

    最近施工させていただいた物件を、近いうちに「施工ガイド」に載せさせていただきます。

    弊社では 全ての塗装工事を、私を含めた自社職人の手でこなしています。

    なので、自社で請けられない仕事を 無理に入れて「下請けに丸投げ」などと言った事もしておりません。

    そんな中、おかげさまで 現在のところ、8月中頃 (お盆) までの仕事が詰まってしまいました。

    9月〜10月の仕事の予約もボチボチ入っていますが、「急がない仕事」として、先々の予約を歓迎いたします。

    弊社以外の相見積も ドンドン取ってください。
    見積りのご依頼をいただいた物件は 全て受注させて頂くつもりで見積りしています。

    ・・・大概、負けません・・・。





     
    続きを見る
  • 50. モニエル屋根・サイディング外壁塗装・・・宇治市
    京都府宇治市に所在する M様邸の塗装工事の様子をご紹介します。

    通常 特に問題もなく施工させていただいている物件が多い中、今回の物件は 少し手の込んだ留意すべき点が多かったので、少し話が長くなります。

    施工前



    屋根はモニエル瓦で モニエル瓦特有のスラリー層が劣化した状態でした。
    瓦の隅々の緩みは M様からも事前に 留意点としてお聞きしていましたが、足場を組んで予想以上であることが判りました。

     ⇐ 150キロ圧+ターボノズルの高圧水洗終了
    施工前の写真と比較すれば判ると思いますが、高圧水洗にて ほとんどのスラリー層を除去しました。


      
                               ↑ アンテナ撤去・エポキシシーラー下塗終了
    アンテナを撤去した後、エポキシシーラーをたっぷりと下塗したのですが、透明なので乾いてしまうと ほとんど写真では判らなくなります。
    でも、これで その後の全ての塗材に対しての密着性の高い下地が出来ました。



      

     
    瓦のぐらつきをすべて点検し、緩んでいた釘を全て 既存の釘より長い90mmのビスに交換しました。
    これにて触感による 瓦のぐらつきは 全て無くなりました。



     
    次に、大屋根・下屋含めて 合計9片流れの隅瓦と 熨斗瓦 全てに瓦同士の連結固定の為のコーキング処理を施しました。
    ここまでの徹底した作業は さすがに想定外でしたが、見積りに関係なく「自分の施工に 後ろめたさを残さない作業」でした。


    上塗りは モニエル瓦塗装時の 当社の定番「大同ハイルーフ マイルドシリコン」の2回塗りです。

    カタログでは「シーラー要らずで塗装ができる」と謳っているほど、シリコン含有率が高く、密着性・耐候性ともに メーカーが自信を持っている商品なのですが、当社では メーカーの技術とも協議の上、より安全・安心な施工のために エポキシシーラーを下塗りした上での 上塗りの施工となります。

     上塗り1回目終了。

     上塗り2回目終了。

     
    通常 上塗り2回で予定終了なのですが、南面の劣化が特に目立っていたので 南面のみ3回塗りをしました。
    こういう事は 時々ありますが、私が「気は心」と言うことで勝手にした事なので 特に追加料金はいただいておりません。



    外壁は 吹き付けリシン仕上げのサイディングです。

    一般的によくある 平面の壁に吹付リシンをしている場合の塗り替えは、「微弾性サーフェーサーを下塗りして、・・・」
    と言うことで 特に問題はないのですが、

    サイディング壁に吹付リシンをしている場合、サイディングは平面ではないので、特にボード間の隙間や コーナーアングルなど 至る処に塗装後の隙間ができることが予想されます。
    この隙間が曲者で、ここから雨水が入り、経年での塗膜剥離の原因になりかねません。

    なので、お施主様には上記のリスクを十分ご説明をさせていただいた上で、目地・サッシ周りのコーキングのほかに、
    ・・・コーナーアングル、ボード間の隙間のコーキングを念入りに施す。

    経年での建物の動きにより 隙間が空いた場合の雨水侵入による 膨れ防止のために、
    ・・・「防水性重視の微弾性サーフェーサー」の代わりに「透水性重視のサーフェーサー」を下塗りする。

    と言った留意点を 念頭においての施工をしました。

      目地コーキング打替え。

      コーナーアングル隙間充填。

     透湿性のある「アンダーサーフDS」下塗り。

     「プレミアムシリコン」上塗り1回目終了。

     「プレミアムシリコン」上塗り2回目。

    本来ならば 上塗りにも透湿性が期待できる「セラミシリコン艶消し」がお勧めなのですが、ここはお施主様の希望もあって 耐候性に優れた「プレミアムシリコン艶あり」となりました。



    外構塀の既存状態はリシン仕上げでした。

    リシンは 擁壁など背面に雨水などの水分がある場合の透水性に優れています。
    現状は少々のクラックはあるものの、膨れなどは無く良い状態でした。

    ここに外壁塗装をするような防水性の高い塗料などを塗ると、塗膜が膨れる原因になります。
    なので、雨水による膨れ防止の為に 透水性に優れ、尚且つ 耐候性にも優れている「アートフレッシュ」を塗装しました。

       
     ↑ クラック補修         ↑ カチオンシーラー下塗り   ↑ アートフレッシュ1回目

              
     ↑ アートフレッシュ2回目            ↑ タイルセラクリーン2回塗



    付帯塗装は 全てシリコンで、サービス塗装箇所以外は 全て2回塗りで仕上げました。

      

      ←↑付帯塗装
     
      ← カーポート掃除

     ➡  ← 波板張替え



    完成
     

    地味な留意点が多かった物件でしたが、職人ともども一生懸命させていただきました。

    M様 有難うございました。




    続きを見る
  • 高所作業車を買い換えました。
    この度、「働くオモチャ」 高所作業車を 買い換えました。

    3年程前に中古で買った高所作業車は電工仕様で、トラック同様の荷台スペースがあって、引き出しがあって、小回りが利いて、「働くオモチャ」としては丁度良かったのですが、
    最大のネックは「100kg・1人乗り」なので、一人作業しか出来ないと言うことでした。

    それともう一点  気に入らなかったのは、このクラスの小型上物に共通している事で、旋回時に微妙な調整が利かないことです。
    (比較的新しい年式だと 問題ないのかもしれませんが・・・。)

    例えば あと10cm寄せたいと思っても 一気に寄りブレを起こすので、究極近寄せ (あまりしませんが・・・) が出来ない事でした。

       いすゞエルフ + アイチ製上物・・・小回りが利いて 丁度良かったのですが・・・。

     ⇓⇓⇓ 中古ネットオークションで「金額」と「サイズ」を厳選した上で・・・とうとう買い換えました。

      
       ⇑ 三菱キャンター + タダノ製上物 です。

    以前の作業車は、電工仕様の狭いFRPバケットの中で 一人しゃがんでタバコを吸うだけのスペースでしたが、
    今度の作業車は デッキサイズ 1500mm×2500mm で 、メンバー5人で バーベキューが出来そうです。

    足場塗装が 頻繁にあるわけでもありませんが、このデッキサイズなら複数人で効率よく作業ができます。
    レンタルではないので ペンキで汚しても気を遣う事もありません。

    「高所作業車」や「床研磨機」「電動ウインチ」「エンジンウエルダー」など ちょっとしか使わないモノは、
    必要に応じてレンタルすれば、購入費用・維持費も要らず 安上がりな事は判っていますが、借りに行くのが面倒で、返しに行くのも面倒で、急な対応が出来ないので、フットワークも重くなりがちです。

    そんなこんなで 私は ちょっと関連するような「働くオモチャ」を所有したい願望が強いです。

    普通のペンキ屋さんとは ちょっと違う価値観を持っているのかもしれません。
    続きを見る
  • 49. O様邸 外壁・屋根塗装・・・京都府八幡市
    ・京都府八幡市のO様邸 外壁・屋根塗装 

    施工ガイド.48 に続き、この度の物件も 八幡市の O様邸 外壁・屋根塗装です。

    偶然と言うか、ある意味 必然だったような気もします・・・。

    施工ガイド.48 でご紹介した O様邸は 14年前に当社で施工させていただいた物件なのですが、今回はO様の親元の O様邸で、こちらは15年前に当社で施工させていた物件です。
     
    「息子の家が塗装したのなら 内も頼みます・・・。 なんせ 京大さんは安いから ‼・・」

    ・・・親子そろって 見積り前に「釘」を刺されてしまいました。



    写真中央の建物がO様邸です。

    本当は写真がいっぱい (50枚程) あるのですが、最近買ったデジタルカメラで撮ったもので、拡張子の表示が「JPG」となっていて、上手くこのブログの中に取り込むことが出来ませんでした。・・・問題です。
    なので今更ながら・・・、今まで通り スマホのカメラで わざわざ撮影し直した写真が ↑コレ です。・・・

    スマホで撮った写真の拡張子は「jpg」と 小文字です。カメラ屋さんに聞いても明確な原因がわからず、このホームページのソフトの問題かと思います。・・・問題です。

    お客様にはいつもの通り 工事記録写真集として デジカメで撮った全ての写真に名前を付けて DVDにてお渡ししました。 


    屋根 はカラーベストで、15年前に当社の足場を利用して屋根屋さんが葺き替えをした物で、今回が初めての塗装となります。
    いつもの通り、足場外周メッシュシートに加えて、汚水飛散防止対策のブルーシートを屋根の周囲に張っての 高圧水洗をしました。
     ↓
    乾燥後、弱溶剤2液性エポキシシーラーを下塗りした後、
     ↓
    屋根材の隙間確保のために 屋根縁切り材 タスペーサー を挿入しました。
     ↓
    薄型瓦なので所々クラックがあったので、ノンブリードウレタンコーキングにてシーリングしました。
     ↓
    上塗りは 毎度おなじみの弱溶剤2液性遮熱シリコン (クールタイトSI) 黒色2回塗にて 仕上げました。
    ・・・なのですが、見積りには書いていませんが、紫外線の影響が大きい南面については「気は心」と言うことで
     ↓
    ・・・3回塗をしました。

    これで「安い 京大さん」に加えて「丁寧な 京大さん」の称号もいただきました


    外壁 はサイディングで、
    ボード間目地は 低モジュラスノンブリード変性シリコンコーキングにて打替えをしました。
     ↓
    その後、SDサーフエポ (サイディング専用の下塗り材) を下塗りしました。
    以前の外壁色は1色でしたが、今回は 息子様邸の真似をして2色分けをするとの事なので、
     ↓
    センターに幕板を張って
     ↓
    上段・下段と2色分けにて、プレミアムシリコンを2回塗をしました。


    付帯塗装は 破風板・庇屋根・雨戸・雨樋・水切り すべて黒色の 一液マイルドシリコン2回塗にて仕上げました。


    いつも思う事ですが、リピートのお客様は本当に有難いです。

    「家を建てる」となるとサイクルがグーンと長くなり、なかなかリピートのお客様と言う訳にはいきませんが、我々の業種では その機会が 何度か来るものです。
    その時に、声をかけていただけるか否かは 日頃の仕事ぶりで左右されるものだと強く感じています。

    これからも、誠心誠意・費用対効果の良い仕事を継続していきたいと思っています。



    続きを見る
  • 見積りに追われる毎日
    ここの処、立て続けの見積りのご依頼で 現場調査・積算・見積書の作成に追われる毎日でした。

    毎度のお得意様と ホームページからのお問合せのお客様を 併せて10件・・・。
    「施工予定は まだまだ先の事ですが・・・」と言ったお客様 (約半数) も含めて、
    全ての お問い合わせいただいた皆様方に 心から感謝申し上げます。

    現場仕事は 足場設置の管理以外は 全て職人たちに任せて、「現場調査」と「事務所での積算」の繰り返しです。
    寒い中 頑張っている 山副 ・ 田地行 ・ 勇司 ・ 誠司 に対して 現場に行けなくて 悪い気持ちでいっぱいです。

    そんな中、特にてこずったのが ホームページからお問合せの物件で、大阪市西区の12階建てマンションの大規模修繕塗装の見積りでした。
    図面を基にして、図面に表れていない現場の入り込みの調査を経て、面積の積算と 単価決定に 石橋を叩きまくりながらの シュミレーションを繰り返し1週間以上かかりました。
    値段が高ければ仕事は来ないし、大規模なだけに 安受けし過ぎて失敗すれば 致命的な打撃を受けてしまいます。

    施工予定は半年以上 先のようです。
    あまり規模が大きすぎると 工期の点でストレスがいっぱいになりますが、・・・悲しい性です。
    さて、どうなることやら…。

    明日は、日頃からお世話になっている 滋賀県守山市の モリヤマスポーツ様本店に伺います。

    せっかく与えていただいたチャンスなので 10件とも受注させて頂くつもりで見積もりをしています。

    ・・・果たして10戦10勝となるのでしょうか ? ? ?

    施工時期は未定の方でも、まだまだ見積りのご依頼 歓迎しております。
    続きを見る

京大塗装の塗装メニュー

塗装で失敗しない7つの掟

塗装で失敗しない7つの掟

外壁や屋根の塗り替えリフォームをお考えの方のお客様にぜひ 知って頂きたいことを、Webパンフレット(PDF)としてまと めました。業者選びの際に、何に気を付けるべきかを分かりやす く解説しています。登録不要・無料でダウンロードしていただけ ますのでぜひお読みください。(※京都・大阪など弊社サービス 対象エリア外のお客様にも活用頂けますと幸いです。)
ダウンロード形式を取った理由は、『ホームページの宣伝文』の一部として軽く読み流していただくのではなく、しっかりと参考にしていただきたかったからです。 印刷して参考書として手元に置いていただけますと幸いです。※同パンフレット内では弊社の宣伝は一切しておりません。

無料ダウンロードはこちら

対応可能エリア

弊社は大阪府枚方市、京都府八幡市等 を中心に所要時間約80分圏内で外壁 塗装・屋根塗装サービスをご提供して おります!

京都府
八幡市・京都市・宇治市・城陽市・ 京田辺市・長岡京市・向日市・久御山町・ 大山崎町・木津川市・精華町・井手町・ 宇治田原町・和束町 他
大阪府
枚方市・大阪市・高槻市・茨木市・吹田市・ 豊中市・池田市・箕面市・島本町・寝屋川 市・守口市・門真市・摂津市・交野市・ 四條畷市・大東市・東大阪市・富田林市・ 藤井寺市・羽曳野市 他
兵庫県
尼崎市・西宮市・伊丹市・宝塚市・川西市 他
滋賀県
大津市・草津市・栗東市・守山市 他
奈良県
奈良市・生駒市・大和郡山市 他

お問合せは
お気軽にどうぞ!

しつこい営業は致しません。
お見積り・調査は無料です。

TEL075-981-5200 Mailお問い合せ