任せて安心良い塗装とは? 任せて安心良い塗装とは?

任せて安心良い塗装とは?

Reliable painting

良い塗装とは
そもそも何なのか?

お客様にとっての 『良い外壁塗装』 とは何でしょう?「良い塗料を使って、安く施工する」 でしょうか?おそらく、ほとんどの業者は 「はい!良い塗料を使って、安く施工します!」と答えるでしょう。塗装業に限らず、大抵どの業種でも集客のためには「良い事柄」だけを並べるものです。

しかし、いくら「良い事柄」を並べても、「本当にその通りに施工するのか?」と不安ではないでしょうか?特に外壁塗装の場合、上塗りを塗ってしまえば下地の処理をどうしたのか殆ど判らなくなってしまいます。

外壁や屋根を塗り替えた直後は綺麗になるのは当たり前です。大切なのはその持続性です。

『良い外壁塗装』 とは、下地処理から仕上げまで 『適切な塗料』 を用いて『適正な工法』 で施工する事です。弊社では、それに加えて お客様のニーズ ・ 周囲の状況への配慮 ・ 天候の変化・ その他のあらゆるリスクを考慮して施工する事が 本当の意味での 『良い外壁塗装』の条件であると考えています。

たかがペンキ塗り?
されどペンキ塗り!!

塗り替えたら綺麗になる、『そんなこと当たり前です ! 』では、いつまで綺麗???
ここでは、ごく一般的な住宅塗装の素地調整から仕上げまでの超〜基本的な留意点についてご紹介します。
いずれも特別なことではなく、プロとしての「良心」と「向上心」が問われるような事柄です。
ですので人為的な事が多く、残念ながら注文をされて、業者が手掛けてからはじめて判ることが多いのです。
是非、下記を読んで頂いて何が留意すべき点なのかを知った上で業者選びの参考にしてください。

1.良心的な配慮(屋根編)

屋根・屋上の塗り替え前の水洗いは、必須項目です。
…が、しかし! !
マシンガンのような高圧水洗機only oneの考え方では、困ったことになる場合も有ります!!カラーベストやセメント瓦等の隙間のある屋根の場合、高圧水洗機をむやみにぶっ放せば…少し角度を間違えると、天井から 漏水??ってなことに…
天井に染みができて、業者が弁償するのかお客様が我慢するのか…?
噴水角度に注意が必要です。
それともう一点、高圧水洗機で鋼板屋根のチョーキング(白い粉)を落とそうとしても、状況によってはよく落ちないケースもあります。カッコばっかりで水がもったいないことも…!
最後にもう一点、高圧水洗をすれば必ずその汚水が廻りに飛び散ります。周囲に対する汚水飛散対策を充分考慮する必要があります。私共も高圧水洗機は『文明の利器』として大いに活用していますが、その為の養生が満足にできない場合や、効率的でないと判断した時には「カッコ優先」ではなく、「質実優先」で、ホース片手にブラシ・ぞうきん・各種研磨材で掃除しています。
また、水洗いに限らずあらゆる工程で天候・風向きや周囲の状況を注意深く観察する事。『イケイケドンドン!』ではなく、時には見送る判断も必要です。
また、屋根材の縁切りが最も重要です。本来、カラーベストなどの屋根材の重なり部分には適度な隙間があります。この隙間を塗料などで塞いでしまうと、雨水が浸入した場合、排水できなくなってオーバーフローしてしまい、カラーベストを固定している釘穴から漏水する可能性があります。なので、事前に縁切り材で隙間を空けてから塗装するか、事後にカッターナイフなどで縁切りをするのか、あるいはその両方か、とにかく、縁切り』の意識が無い業者は論外です。

2.地味な選択(外壁・屋根編)

セメント系の外壁・屋根等を「塗り替えよう!」という頃には、大なり小なり必ず ひび割れ(クラック)があります。

が、しかし!!

…見積りにそれらしき項目が無ければ要注意です!!!クラック補修を軽く見ているのか…それとも、気が付いていないのか?…でも、「単層弾性塗材」や「微弾性サーフェーサー」で、マスチック塗り(模様のできるローラーでの厚塗り)をすれば、『集金するまで ひび は隠れています。』
…? …かっ ! 金かえせ〜!!!
ってな事にならないよう、末長く漏水を防ぐためにも、クラック補修は重要です。クラック補修シール材として、最もよく扱われているのがコーキング材です。
ですが、その種類も色々あって…例を挙げますと
・そもそも塗装前のシール材として適さないもの…シリコンシール
・水性塗料との密着は良いが、すぐに「目やせ」してしまうもの…アクリルシール
・施工後、塗装表面に蛇のようなシール跡が数カ月後必ず出てくるもの…可塑剤の入った変成シリコン・ウレタン・アクリル
・『蛇のようにはなりません!!! 』 てなこと書いてあってもなってしまうもの…某メーカーのノンブリード変成シリコンコーキング材にはそれぞれ成分により、値段により微妙に用途・性能が異なります。
しっかり用途に合ったものを使い分けないと、半年も経たないうちに見た目が、前より汚くなるかもしれません。
私共では塗装前シール材は大量の場合は2液性、少量の場合は1液性の 『ノンブリードウレタン』 を使用しています。

3.下地調整の勘違い

新築の外壁で、モルタルや各種無塗装成型板などの場合には、必ず素地調整として『プライマー』を下塗りします。
ところが、塗り替えの場合は、旧塗膜があると云うことで今、流行りの『微弾性サーフェーサー(下塗り兼中塗り材)』を一回目塗りすることが、この種の塗り替えパターンとして ペンキ屋の常識になっています。
ここで注意したいのが…あなたの家が新築で無くても下地がモルタル刷毛引きや、 掻き落としの場合は
(1)下地をガッチリ固める為
(2)巣穴を目止めする為
(3)中塗りの密着向上の為

『微弾性サーフェーサー』を塗る前にその現状に合った『プライマー( シーラー , アンダーフィラー等 )』 が一回目の下塗りとなります!
そんなこと知らない『 プロ! 』…けっこういるんじゃないですか??
仮に知ってても「多分大丈夫!!」と思って『微弾性サーフェーサー』を一回目の下塗りとして塗布すると、大概の場合、密着不良で経年後、塗膜が膨れるでしょう。
そんな時、『微弾性サーフェーサー』を塗る前に『プライマー』を塗りましょう。
セメント系補修材で補修した時も面倒がらずにやっぱりそこはプライマーが先です。

現状が『厚付け砂状仕上げ塗材(弾性も含む)』の塗り替えの場合は、水洗い後のインターバルや、下地調整材の選択を間違えると…やはり、経年で塗膜が膨れるかも…?…?…
この場合、『防水性』よりも『通気性・透湿性』を優先した下地調整材を塗りましょう。
そして、同時にその透湿性機能を損なわない性質の仕上げ材の選択もしっかりしましょう。
しっかりと基礎知識をもって『よい仕事』をしましょう。

4.塗布量と知識・技能

建築塗装面の種類としては、主に金属系・木質系・セメント系・プラスチック系などがあげられます。
それぞれに合った相性の良い『適切な塗料』を選択する事が何よりも重要なのですが、 もう一点、耐久性を高める為に大切なことは、『適切な塗布量』で塗装するということです。『適切な塗料』とは?… 少ない知識の中での思い込みではなく、判らない時には、材料屋に聞くのが一番です。『適切な塗布量』とは?…単に何回塗ったかではなく、一回一回の塗布量が必要量を満たしているかどうかです。
特に注意すべきは、よくあるパターンで『単層弾性塗料の2回塗り』です。(私は自己の信念により使用しません。)『砂骨ローラーでぼってり2回塗ってナンボ』の塗料です。いくら今流行りのシリコン入りでもしゃぶしゃぶに薄めた2回塗りでは、シリコン含有率で言えば『まるでアメリカンのお湯割りじゃあーりませんか!!!』
各塗料には必ずカタログがあり、施工要領の中に標準塗布量が明記されています。
『カタログを見たことない』・『一切気しない』・『見ても手順だけ』後は経験と勘だけで施工した場合、…過去の実績が 根本的にスカタンだったらどうでしょうか?
『 でも・・仕事が終わって、集金するときまでは ピッカピカやで … ! 』?!…かっ! 金〜っ! カッカッ…!!!仕事が早いだけではない!!!
しっかりと塗布量を意識して、「均一」に塗装しましょう。

注意力をもって事にあたること

基本を理解して施工すること

材料の種類・特徴を知ること

安定した知識・技能を持つこと

くわえタバコで仕事をしないこと。…エッ!!

休憩時間ケイタイばかり見てないで、次の作業の為に#&$%…ほっといてくれ〜!!!

お客の無知を逆手に取らないこと!!! …?お、俺はそんな$£%…汗
(楽しくご覧頂くために、ふざけた表現を取り入れました点、ご了承ください。)

PAGETOP