スタッフブログ

BLOG

45. 鋼板屋根防食塗装・・・京都府八幡市

任せて安心施工ガイド

4月30日から施工させて頂いた「カツシロマテックス工場屋根塗装」は、一部の付帯塗装を除いて7月9日にようやく終了しました。

↑ 高圧水洗は 水圧150MPaにターボノズルを付けて洗浄しています。

↑ 変性エポキシ錆止めを 0.15kg/m2の塗布量でローラー塗装しました。


↑ 天然アスファルト系上塗材「ハイアルマ」を0.4kg/m2の塗布量で吹付塗装しました。

均一な塗布量のキープと、風向きによる塗料飛散防止の適切な判断等の為、私が吹付に専念しました。

とは言え、ハイアルマは非常に粘度が高く 無希釈にて吹付したので、ほとんど塗料飛散の心配はありませんでした。

大同塗料の「ハイアルマ」と言う鋼板屋根長期保護防食塗料で、天然アスファルト系の厚膜塗装仕様です。

ハイアルマは古くからある塗料で、私が家業を手伝い始めた35年前頃には 体育館など公共施設の鋼板屋根を幾度となく塗装していました。

昔は「高級屋根塗料」として重宝(大層)な丸缶に入っていました。

日時の経過 と共に均一なシルバーメタリックカラーとなります。

塗膜が柔らかいので ヒビ割れやハクリがありません。

付帯塗装を含めて 合計20000m2の中、鋼板屋根防食塗装は約18000m2・・・。

使用した 下塗り+上塗+シンナーは 約10トン・・・合計630缶使用しました。

さすがに 飽きました。

PAGETOP