スタッフブログ

BLOG

42. サイディング外壁 クリヤー塗装・・・大阪府枚方市

任せて安心施工ガイド

大阪府枚方市のS様邸、築12年の複色サイディングの外壁塗装をご紹介します。

目地コーキングは部分的に亀裂が入っていましたが、複色サイディング表面の退色は殆ど見られなかったので、せっかくの風合いを活かそうと言う事で、外壁塗装は クリヤー仕上げをさせていただきました。

目地コーキングは全て 外壁色の変成シリコンシーリング打ち替え、入隅・建具周りは 同じく変成シリコンシーリング増し打ちをした後に、エスケー化研の「クリーンSDトップ」の2回塗りをしました。


1回目

エスケー化研の「クリーンSDトップ」は サイディング専用の弱溶剤型2液性シリコン塗料で、この手のハウスメーカーも 塗り替え時の推奨塗料として明記している塗料です。


2回目

 

良い塗料ではあるのですが、

・・・エスケー化研の施工要領としては 外壁を塗装した後で目地・建具周りのコーキングを施す、いわゆる「コーキング後打ち」としています。

そのワケは、コーキングの上に塗装することによって 経年でのコーキングの伸縮による塗膜の割れを避ける為です。

メーカーとしては 塗膜の割れによるクレームを避けるためだと思うのですが、私はコレには反対です。

・・・あえてコーキング先打ちの上 クリヤー2回塗りをしました。

何故か・・・。

新築のサイディング外壁の場合、10年程度で一番劣化が著しいのは目地のコーキングです。

コーキングが露出しているので、耐候性の良い変成シリコンコーキングでも経年劣化は避けられません。

なので、弊社では「元通り以上・・・」と言う事で、コーキング部分も露出させず、塗膜で被覆させて紫外線から守る工法を採っています。

そうする事で 動きの激しい目地コーキング部分の塗膜が割れるかもしれません。

しかし、塗膜で保護する事で 目地コーキングの劣化は防げます。

塗料は 建物全体を保護する「捨石」の位置づけだと 私は思っています。

 

携帯電話の画面にフイルムを貼ったりします。

携帯電話の画面を保護するためにフイルムが「捨石」となります。

その事で 携帯電話の画面は保護されます。・・・これと同じです。

S様には、コーキング後打ちの場合、コーキング上には塗膜は無いから割れる事は無いが 経年で露出コーキングは割れる。

コーキング先打ちの場合、経年で塗膜は割れるかもしれないが コーキングは保護されている。

と ご説明をして、納得して頂いてから 施工させていただきました。

 

 

有難うございました。

PAGETOP