スタッフブログ

BLOG

京都府城陽市の集合住宅塗装の進捗状況です

塗装屋ブログ

こんにちは、勇司です!

 

城陽市の集合住宅の現場に入りだしてだいぶ日が経つのですが、この現場に入りだした頃から毎日顔を合わせている子がいます。

それがこの子です ↓

 

分かりますか?

そう、「カエル」です。笑

このカエルとはこの現場に入ってからほぼ毎日顔を合わせていて、最初はあまり気にもとめていなかったのですが、いつも隙間に挟まっているので次第に可愛いく思えてきて、いつしか愛着が湧くようになりました。なので、たまにカエルがいない日があるのですが、その日は少し心配になります。笑

 

さて、カエルの話はこれぐらいにして今の進捗状況をお伝えしますと、現在、玄関・廊下側の外壁塗装が終了しまして、残すところは床面だけとなりました!

 

 

床面に関しては、巾木と側溝は塗装で仕上げますが、踏み面に関しては、別の業者さんにタキロンの床用塩ビシートを貼ってもらいます。踏み面を塗装で仕上げることももちろん可能なのですが、長い目で見た時にどうしても摩擦で塗膜がすり減ってくること。それと床を塗装するということは、乾くまでの間そこが歩けなくなるので、居住者の方に多大な迷惑をおかけすることになります。

そういった理由から、今回は床用塩ビシートを貼ることになりました。

 

階段室の内壁塗装も今日で終了しまして、現在は階段室と廊下を仕切るドアの塗装作業に取り掛かっているところなのですが、このドアの古い塗膜がなかなかの強敵で、ボロボロとめくれてきます。ケレン作業も一苦労です。

 

 

 

これが古い塗膜がすでに浮いている状態で、

 

 

 

 

 

  

これがケレン作業をした後になります。

ほとんど古い塗膜がめくれました。きっと前に施工した塗装業者が下塗り材を塗らずに、密着性が悪い状態でそのまま上塗り塗装をしたんだと思います。改めて下塗りという工程の大切さを感じました。

 

ケレン作業も今日で完了しましたので、明日は下塗り→上塗りの工程でしっかりと塗装していきます!

 

以上、勇司でした!

PAGETOP