スタッフブログ

BLOG

「屋上看板腐食補強及び塗装・大阪」を 『施工ガイド』に追記しました。

塗装屋ブログ

今年3月に施工した 枚方市のビル屋上にある 高架水槽 及び 屋上4面看板の看板裏の改修工事を施工した内容を 『施工ガイド』 に追加しました。

狭いスペースで、かなり 至れり尽くせりの マニアックな施工 となりました。

下記の 屋上防水工事よりも 規模は小さいのですが、私なりに かなりの努力と配慮が有って、「こんな事 するんや!」 てな内容です。

写真として載せていませんが、総重量130kg程の溶接機を 階段室から 3階屋上まで人力で上げました。

大金を掛けないように、コツコツ努力を重ねました。

うまく伝わればいいのですが・・・。

チラッと見てください。

 

元々は 施主様から ここの屋上防水の見積り依頼が有って、その内容は 既存シート防水層の保護防水でした。

300m2程あって、所々シートが切れている状態でしたが、脱気筒新設・エラスタイト目地不織布補強張り・全面メッシュ補強張りで、ポリマーセメント系複合防水を施しました。

その様子はコチラ・・・  写真抜粋です・・・。

こちらは、1階飲食店舗(有名店) の潰れかけた排煙ダクトがあって、その下は防水層が施していない状態でした。

( いつも ココから ギョーザの良い匂いがしてきます。)

2番目の写真の 黄土色の部分が屋上スラブ素地の部分です。

6mm位の不陸を、カチオンポリマーセメント(エレホンA1・A3)で調整してから、今回 主となるポリマーセメント系複合防水材で先にその部分を仕上げました。

ダクトを元の位置に戻して・・・

その他は、ごく当たり前の様な防水仕様です。

目地部不織布 増張り ・ メッシュ全面 補強貼り ・ 脱気筒新設 ・ ドレン廻り漏水チェック(問題なし) 等、無難に 標準的な 防水仕様を施しました。

笠木・手摺・配管などは、『 ケレン ⇒ エポキシ錆止め ⇒ ウレタン上塗り 』 と言う お決まり標準コースを施しました。

PAGETOP